*--画像投稿BBS--*

ここにコメントを入れます。
Photo by NOION


Post a New Message
 Name
 E-Mail
 U R L
 Title
 Message
<A>,<FONT>,<B>タグのみ使用出来ます。
 文字色
 File
大きさ4000KB以下( jpg, gif, jpeg, mid, png, txt, pdf )
 Pass
投稿キー投稿キーを右に記入してください
 


2016年度 東西合同懇親会
日上耕司  E-Mail 
今年度の東西合同懇親会は、下記の要領で開催されます。
奮ってご参加ください!!
-----
日時: 2016/9/3(土)〜4(日)
   (※会場の都合により変更になる場合があります)
場所: 蓼科・カドワキペンション
内容: 9/3(土)夕方、カドワキペンションに集合
   9/4(日)山登り
申込み: 下記のいずれかに電話もしくはe-mailにてご連絡ください。
 ・門脇 功(昭和41年)
 ・日上耕司(昭和58年)
その他: 現地集合・現地解散
Date: 2016/05/30/21:46:34   [369]



懇親会
日上耕司  E-Mail 
クロマチックハーモニカ演奏の南里沙さん

《注》昨日、南さんの動画を撮影した方は、フェイスブックやブログ、ツイッター等への転載は禁じられておりますので、ご遠慮下さい。
(静止)画像は転載OKだそうです。
Date: 2016/05/30/21:41:57   [368]



完成披露会の様子2
日上耕司  E-Mail 
今井会長のFacebookより転載―その2
Date: 2016/05/30/21:38:37   [367]



クライミングウォール完成披露会の様子
日上耕司  E-Mail 
今井会長のFacebookより転載
Date: 2016/05/30/21:36:11   [366]



追い風利用のスキー登山
南井英弘  
この度、立山・室堂山荘の前で夕方に見た光景。
合宿初日の夕方、木村さんがシールを着けて室堂山荘前の浄土山の比較的急斜面を元気良く直登して行った。その後を追って私は軽アイゼンを着けて一度も休まずに30分かかって山荘前から見える稜線まで辿り着いた。

2日目、同じような時間に少し風が出てきた。最近海岸近くで時々目にするカイト・サーフィンが雪山に登ってきたのだ。

長さ5m?ぐらいだろうか、一人のスキーヤーが追い風に膨らんだ赤いキャノピーに曳かれて昨日、我々が登った斜面をいとも簡単にしかもかなりのスピードでスルスルと登り切った。驚いたことに一歩一歩雪を踏みつけて登った私のスピードの数倍以上の早さだった。

風任せのスキー登山になるが立山・室堂の様な高木の生えていない地形で、追い風があればシール着脱やアイゼン着用も必要なく゚楽しめそうだ。雄山谷など上昇気流が発生する斜面でも楽しめるだろう。
 
海岸や湖でのカイト・サーフィンや公園広場のカイト・ボードのボードがスキー板に変わったのだ。
スノー・ボードの若者たちも省力登山に大いに利用することだろう。山の世界も凄い進化が進んでいる。
Date: 2016/05/30/17:23:36   [364]



無題
今井拓雄  
南井会員の呼びかけ <立山に集まりませんか>に5/21現役部員、佐々木、中松、玉田の三名と、付添の日上、川添、今井3名のOBで参加しました。
5/20に入山された南井、木村両OBの歓迎を受け、早速クランポンの装着訓練を行い有意義に過ごしました。
翌22日早朝現役部員と日上、今井5名は、南井、木村両OBの見送りをうけ、一ノ越より雄山に登頂しました。 遅れて入山した川添さんも一ノ越で合流し、
帰路は浄土山経由、室堂直行の2パーテイに分かれて下山しました。
Date: 2016/05/26/17:27:22   [361]

Re:無題
今井拓雄  
写真を添付し忘れました。。。
Date: 2016/05/26/17:28:53   [362]

Re:無題
南井英弘  
良くぞあの強風の中、雄山の頂上まで登れましたね、感心しています。
黒部平からのケーブル・カーが運休しているか心配でしたが、黒部側は朝から無風状態が続いているとのことでした、ダムの堰堤付近もそよ風も吹かないカラッパレでした。
参加した現役新人3人。昨年同様頑張ってほしいですね。
Date: 2016/05/27/10:48:01   [363]



日本ヒマラヤ協会・総会
南井英弘  
5月14日、明治大学キャンパスに於いて開
催され出席した。

全国区の会員たち遠くは北海道からも参加し再会を喜びあう中総会が開かれた。

昨年秋に私が訪れた西北ネパールのジュムラから東に向かってカンジョロバ・ヒマールをトレッキングした保坂昭憲氏にも会えたし、本年訪問予定の山塊を良く知る岩崎洋氏にも会えるなど豊富なヒマラヤ最新情報を得ることができた。

来年、創立50年を迎えるが破竹の勢いを誇ったヒマラヤの猛者達も高齢化に抗らえず苦労している。
Date: 2016/05/19/10:43:48   [360]



残雪の立山に集合しませんか?
南井英弘  
以下再度の呼びかけです! 
室堂山荘に集合し 立山に登るもよし、雪の弥陀ヶ原を散策するもよし、スキーするのも良し、雪の回廊や黒四ダム観光、写真撮影、スケッチ、読書、昼寝、風呂から雪の稜線を眺めるもよし、行動は自由です。
但し、行動はご自身の責任でお願いします。
現地集合で入山し、下山も自由。 家族・友人の参加も大歓迎です。

宿泊所:立山、室堂平の 「室堂山荘」
期 間:5月20日〜23日、
21日と22日をコアー日として皆で会いましょう。 といった趣旨です。

嬉しいことに昨年の室堂山荘合宿に待望のKGACのフレッシュ・マン3人も参加して呉れました。その後、KGAC部活に頑張って練習に合宿に励んでくれています。

交通機関:
大阪・関西方面から:富山駅ー(富山電鉄)−立山駅―(ケーブル・カー)―美女平―(バス)―室堂終点駅、
関東・東京方面から;「黒四」のトロリー・バス、ケーブル・カー、ロープ・ウエー、トロリー・バスを乗り継ぎ室堂終点駅。或いは北陸新幹線を利用し、富山から入山することも可能。
  
バス終点駅の建物から室堂山荘までフラットな雪上を約250m歩くだけで室堂山荘(1泊2食¥8500前後)です。
雪道ですがハイヒール以外の靴で行けます。出来れば登山靴や長靴をお奨めします。

木村さん、門脇さんと私は5月20日(金)から23日(月)まで室堂山荘に居るつもりです。
皆様のご参加をお待ちしています。
Date: 2016/04/29/07:25:43   [359]



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37]
No. PASS
No. USER PASS
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
**HOME**
035570
[TOP]
shiromuku(bu2)BBS version 2.90