*--画像投稿BBS--*

ここにコメントを入れます。
Photo by NOION


Post a New Message
 Name
 E-Mail
 U R L
 Title
 Message
<A>,<FONT>,<B>タグのみ使用出来ます。
 文字色
 File
大きさ4000KB以下( jpg, gif, jpeg, mid, png, txt, pdf )
 Pass
投稿キー投稿キーを右に記入してください
 


10月の山行
松田 政男  
 10月10日 箱根外輪山、丸岳(1156m)
乙女口バス停から出発、檜林から石のごろごろの急な登りになり約55分で乙女峠に着く。真正面、目の前に大きな富士山が現れる。しかし全く雪のない山は見栄えがしない。
尾根道を右へ行けば金時山、左長尾峠の方へクマザサの中を緩やかに登り、急坂になって電波塔が見えてくると約45分で丸岳山頂である。展望が開け足下に仙石原のゴルフ場、その背後に大涌谷の噴煙、神山、冠が岳、右の方芦ノ湖から駿河湾が眺められる。
昼食後、草原の尾根道を長尾峠に向かって下る。眼下に芦ノ湖が広がり、足許の秋の草花(リュウノウギク、リンドウ、アキノキリンソウ、たまにツリガネニンジン等々)を楽しみながら約35分長尾峠に着く。途中の富士見台には展望台が有り、無線中継所への道に入ると丁度満開のハコネトリカブト、サラシナショウマが群生していた。
直進すれば湖尻峠だが、左へ約40分で仙石原・湖尻自然探勝歩道の長尾峠登り口に下り、ゴルフ場を横切り早川を渡って約50分で湿生花園着きバスで小田原駅へ。
 10月17日 円海山(153m)
JR港南台駅から出発、市街地を約10分で山道に入り、約30分で「いっしんどう広場」に着く。左奥が円海山山頂だが、NHK等の電波塔があり行けない。ここから尾根道を行く予定であったが、先日の台風で崖崩れが2か所あり通行止で、氷取沢市民の森の中を迂回、一たん最低部に下り登り返して尾根道に出るまで約50分の遠回り。快適な尾根道を進んで大丸山の登り口を左に見ると間もなく横浜自然観察の森に着く。約1時間。
昼食後、35分で天園、35分で瑞泉寺に下り、鎌倉宮、八幡宮を経てJR鎌倉駅へ。
 10月22日 茅ヶ岳(1704m)
深田久弥終焉の山である。山頂少し手前、亡くなった地点に碑が建っている。
登山口駐車場までバスで入る。雨の予報であったが、途中殆ど雨は降らず、何とか登れるのではと思っていたが、やはり駐車場に着く時分には本降りの雨になり、登山は断念。登山道から少し入ったところにある小さな深田記念公園に立ち寄る。自筆による「百の頂に百の喜びあり」の記念碑がある。ワイナリーを見学して日帰り温泉に入って帰路に着いた。
 
Date: 2014/11/01/09:21:47   [143]



東西合同懇親会
日上耕司  E-Mail 
会員の皆様

9/6(土)〜9/8(月)に、恒例の「東西合同懇親会」が
カドワキペンションにて開催されました。
遅くなりましたが、HPにてもご報告いたします。

参加者は、オーナー(門脇さんご夫妻)、八重津先生ご夫妻、
田中(外)さんご夫妻、服部さん、南井さん、奥貫さんご夫妻、
浅田さん、川添さん、川添さんお嬢さん、そして日上の
総勢14名(+イヌ2頭)でした。

9/7(日)のハイキングは、北沢峠が予定されていましたが、
あいにくの夜半から朝にかけての降雨で中止となりました。
そこで、八重津先生奥さま、田中さんご夫妻、服部さん、南井さん、
川添さん、日上の面々で、門脇オーナー案内による
「文化コース」をめぐりました。
まず、尖石縄文考古館で国宝に指定されたばかりの
「仮面のヴィーナス」や竪穴式住居、尖石などを見学したのち、
「仮面のヴィーナス」が発掘された中っ原遺跡あとにも行き、
縄文の太古に想いを馳せ見聞を広めました。
その後、「登美」で蕎麦の昼食を取り、八島湿原、片倉館♨と回りました。

・八島湿原 … 霧ヶ峰の北西部に位置す標高約1632mの高層湿原。
  釧路湿原に次いて日本で2番目に広い。
・片倉館 … 大正から昭和の初期に製糸業で栄えた片倉財閥(世界
  遺産に登録された富岡製糸工場のオーナー)が、地域住民の厚生と
  社交の場として昭和3年に建設。瀟洒な建物に、ステンドグラスや
  彫刻などの装飾も見事です。千人風呂とよばれる大理石造りの
  豪華な大浴場は、1.1mもの深さがあり、底に敷かれた玉砂利が
  心地よく足裏を刺激します。

9/8(月)は、服部さん、奥貫さんご夫妻が蓼科のフォレストC.C.にてゴルフ。
他の面々は三々五々カドワキペンションを後にしました。

服部さんから、9/8(月)のゴルフの結果と写真が届きました。
ご覧になりたい方は当方までご連絡下さい。
Date: 2014/10/23/08:00:25   [135]

Re:東西合同懇親会
南井英弘  
会報予告、KGAA総会呼びかけ、そして東西合同合宿報告とご苦労様です。
10月17日、カトマンズ入りしましたが、準備中に体調を崩し,入山せずに帰国しました。体調を整えまた出直しします。
Date: 2014/10/26/13:09:37   [139]



お知らせ
森川 列  E-Mail 
「岳人」11月号に藤木先輩がアルピニスト藤木九三の足跡 山に生きる父と子の170年という原稿を寄せられています。な、岳人は10月号から発行元が中日新聞社からモンベルに変更されています、朝日新聞社にいた関係からいままで寄稿できなかったがといっておられます。当分連載される予定です。お知らせまで。
Date: 2014/10/26/09:47:08   [138]



2014年K.G.A.A.総会
日上耕司  E-Mail 
会員の皆様

委員長の日上耕司です。
来る11月15日(土)にK.G.A.A.(関西学院大学体育会同窓倶楽部)の
総会が開催されます。
例年は、山岳部のチケット販売割り当ては10名(1枚\5,000)ですが、
本年度は開学125周年の記念すべき年であり、1人でも多くの参加が
望まれることから、17名(1枚\3,000)となっております。

購入・参加ご希望の方は、当方までご連絡下さい。
先着順で郵送にてチケットをお送り致します。
奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。
      記
 【2014年K.G.A.A.総会】
 ■会場:関西学院上ヶ原キャンパス
 ■日時:2014年11月15日(土)
 ■次第:総 会 … 中央講堂 PM2:30〜
     講演会 … 中央講堂(特別講師:田口 壮)
     懇親会 … 関学会館 PM4:30〜

Date: 2014/10/23/07:08:00   [134]



会報について
日上耕司  E-Mail 
会員の皆様

委員長の日上耕司です。
会報の発行が遅れており、皆様にはご迷惑をおかけしております。
申し訳ありません。
現在11月半ばの発行を目指して鋭意準備中です。
今しばらくお待ち下さいますようお願い申し上げます。
Date: 2014/10/23/06:50:14   [133]



無題
  
あるトレッキングに参加し前を歩いていた理知的な若い女性と会話する機会があり同窓であることを知りました。
彼女は山が大好きで年中山を歩き、今夏は焼岳や赤岳などを登ったと話してくれました。
学生時代母校に「山岳部があるとは知りませんでした」と云われ「新人勧誘のPR不足」に思い当りました。
Date: 2014/10/06/07:41:37   [122]

Re:無題
南井英弘  
彼女が上ヶ原時代にどれほど登山に興味を持っていたかは不明ですが、KGACは仲間意識が強く外部にはオープンせずに閉鎖的だったことは間違いないと思います。新人歓迎など春先にやってはいましたが、魅力ある行動は十分していたか反省点ですね。
このような閉鎖的な行動のツケが今回ってきています。

OB,OG,現役含めて幅広く山を愛する学生たちを積極的に門戸を広げて受け入れてほしい。

この女性の発言はKGACの体質を指摘した貴重なご意見です。皆で話し合う機会の種になれば有難いですね。
Date: 2014/10/09/15:28:42   [125]



9月の山行その2
松田 政男  
 9月24日 岳の台(899m)
8月1日の暑気払いトレックと同じルートでただヤビツ峠から菩提峠の間は林道を歩かずに左側の殆ど忘れられた山、岳の台に登る。
蓑毛バス停からスタート。柏木林道を登り30分で春岳沢を渡り、約1時間10分でヤビツ峠に着く。すぐ左側に登り口が有り旧ヤビツ峠を過ぎて、あずまやのあるピークを一つ越えて約45分岳の台山頂に着く。展望台があるが今日は何時降ってもおかしくない天候で眺望はない。途中、咲き過ぎだがマルバダケブキ(丸葉岳蕗)の群落が何ケ所かあり黄色い花が見られた。鹿が食さないので。
昼食後、満開のススキの穂をかき分けてパラグライダーの飛び出し台の横を通って菩提峠まで約40分で下る。あとは林道を葛葉の泉、青少年野外センターを経て菩提原バス停まで約1時間20分一気に下った。
その昔は丹沢表尾根縦走は旧ヤビツ峠から岳の台を超えて二ノ塔、三ノ塔、塔ノ岳と登っていたが、今は岳の台は省いて林道を利用している。
 9月30日 六国峠ハイキングコース、大丸(おおまる)山(157m)
横浜市南部(磯子区、栄区、金沢区)から鎌倉市に及ぶ三浦丘陵(100〜150m)北部は広大な森林地帯を形成している。行政に護られて自然が豊富で、五つの市民の森、金沢自然公園、横浜自然観察の森等が有り縦横に遊歩道が整備されている。
京浜急行金沢文庫駅から出発。10分ほどで山道に入り15分程の登りで能見堂跡に着く。能見堂は地蔵菩薩を本尊とした擲(てき)筆山(ひつざん)地蔵院のこと。ここからはほぼ平坦な遊歩道で足許にはミズヒキの赤が目につく。約1時間で金沢自然公園に着く。動物園がある。多少下ってひょうたん池のある湿地帯を通る。ツリフネソウが群生していて美しい。25分で大丸山の登り口に着き10分の急登で山頂に着く。横浜市の最高峰である。遊歩道に下り20分で横浜自然観察の森に着く。
昼食後、35分で天園峠(六国峠)、紅葉谷を下って鎌倉宮まで35分。八幡宮を経てJR鎌倉駅へ。

 
Date: 2014/10/02/10:37:18   [120]

Re:9月の山行その2
南井英弘  
富士山一合目から5合目近くまで足元も悪く登りっぱなしの気の遠くなるようなコースを最後まで元気に踏破されたとの報告に驚き敬意を表します。途中倒木が多く相当荒れていて誰にも会わなかったのは当然と思います。廃道が近いのでは。誠にご苦労様でした。

また、横浜市の自然保護が活発に実施され緑の森を守っていることが羨ましいです。9月末戸塚の友人宅を訪問しましたが裏手には大きな舞岡森林公園があり市民の方が沢山散策していた。それに引き換え我が「流山市」は「つくばエクスプレス」の開通のため緑豊かだった流山市内の何万本の樹木を切り倒し、高架にした電車通りを除いて住宅地として売れ出している。建つのは緑の樹木に代わりコンクートのマンションばかり。
Date: 2014/10/02/11:37:19   [121]



9月の山行
松田 政男  
9月3日 天園峠、大平山(159m)
暫く歩いていなかったので足慣らしに天園ハイキングコースを歩く。今日は獅子舞(通称紅葉谷)から天園に直登する。JR鎌倉駅から八幡宮、鎌倉宮を経て谷の入り口まで35分。約20分で谷を一気に登り切ると、すぐに天園の峠の茶屋で10分弱で大平山に着く。一息入れて急坂を下り緩やかな尾根道を約30分、建長寺から登ってきた道と合流する勝上巘(しょうじょうけん)に着く。展望台があるが曇天で眺望なし。約15分で桐慕(とんぼ)茶屋に下り約15分で明月院経由JR北鎌倉駅に着く。ずっとセミ(殆どツクツクボウシ)の声を聴きながらの久しぶりの山歩きで多少の足慣らしが出来た。
 9月8日 富士山精進口登山道経由奥庭(約2300m)
精進口登山道は精進湖畔の赤池が起点で途中青木ヶ原樹海の中を8キロほど通り抜け鳴沢林道の天神峠が一合目(1355m)になる。(コースレート3時間20分)。
我々は一合目までマイクロバスで入る。すぐに笹原になりブナ中心の広葉樹の原生林が続き富士林道と交差する二合目まで約50分。二合目を過ぎるとやがて足許のクマザサがなくなりモミ、ツガ等の針葉樹が現れてくると約30分で富士スバルラインの下をくぐり三合目バス停に着く。もう広葉樹はなくなり針葉樹林帯になる。20分ほどで三合目の広場に着く。河口湖岸からの船津口登山道が合流する。
昼食後、精進口登山道と別れて右方向奥庭に向けて針葉樹林帯の中を登って1時間30分奥庭自然公園に着く。途中倒木が多く相当荒れていて誰にも会わなかった。奥庭荘という茶店が有りその前には「天狗の庭」と云われる庭が有り、赤い鳥居に大きな鈴が下がりその下には大きな下駄が有り、その奥には天狗岩等の富士溶岩が祀られている。コケモモが群生しており石畳の遊歩道が有り300m先には展望台も有る。奥庭荘の横にはバードウオッチングの人が多く大きなカメラが並んでちょっと物々しい。雨は降らなかったがガスがかかり時々ガスの晴れ間から富士の山頂が眺められた。
すぐ上がスバルラインの奥庭駐車場で、バスでライン終点の河口湖口五合目(精進口登山道合流)に行き小御岳神社にお参りして帰路に着いた。尚、精進口登山道は吉田口登山道六合目に合流する。
Date: 2014/10/02/10:33:33   [119]



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38]
No. PASS
No. USER PASS
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
**HOME**
036463
[TOP]
shiromuku(bu2)BBS version 2.90