*--画像投稿BBS--*

ここにコメントを入れます。
Photo by NOION


Post a New Message
 Name
 E-Mail
 U R L
 Title
 Message
<A>,<FONT>,<B>タグのみ使用出来ます。
 文字色
 File
大きさ4000KB以下( jpg, gif, jpeg, mid, png, txt, pdf )
 Pass
投稿キー投稿キーを右に記入してください
 


2015年度 山岳会総会のご案内
日上耕司  E-Mail 
関西学院大学山岳会
 会 員 各位

下記の要領で、本年度の総会を開催いたします。
奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。
つきましては、出欠のご予定を下記連絡先まで
お知らせ下さいますようお願い申し上げます。
メールにて返信くださった皆様には、
往復ハガキによる出欠確認を省略させて頂きますので、
近況報告なども是非お聞かせください。
以上、よろしくお願いいたします。
----------------------------------------
■日時:2015年6月14日(日)12:00〜14:00
    10:00〜総会/12:00〜懇親会
■場所:大阪弥生会館
    大阪市北区北区芝田2-4-53
    TEL:06-6373-1841
■会費:5,000円(予定)
■連絡先:日上 k-hikami@kun.ohs.ac.jp
  (@を全角にしてますのでメール送信の際は半角に直して下さい)
----------------------------------------
Date: 2015/05/04/11:35:52   [209]



新旧副部長 歓送迎会
日上耕司  E-Mail 
山岳会
会員 各位

 ご報告が遅くなりましたが、去る4月12日(日)、中村前副部長慰労歓送会・小橋新副部長歓迎会が開催され、無事終了致しました。
 参加者は、浅田斉会長の他、田中外治さん、中野明さん、長井弘光さん、阿形健蔵さん、中西修さん、中山次郎さん、梅沢征二郎さん、今井拓雄さん、小西啓右さん、宮康治さん、林基彦さん、川添倫男さん、藤田秀樹さん、河崎泰二郎さん、日上耕司の16名に加え、スペシャルゲストとして河崎氏の紹介により気鋭のヴァイオリニスト、眞田彩さんにご登壇いただき、歓送・歓迎の記念として素晴らしい演奏を披露して頂きました。
 一言コーナーでは、会員から口々に中村さんへの感謝が述べられ、また小橋さんへは山岳部の現状を鑑み、現役部員の力強い後ろ盾なって下さるよう願いが述べられました。
 最後にご両名へ花束と、中村さんには登山用ストック1組と今井酒店選りすぐりのワインが記念品として贈呈され、ご両名よりご挨拶を頂いた後、恒例のじんましん(校歌)にて会が締めくくられました。
中村さん、ありがとうございました。そして今後ともよろしくお願いいたします。
小橋さん、よろしくお願いいたします。
Date: 2015/04/29/17:19:52   [206]

Re:新旧副部長 歓送迎会
南井英弘  
過去に会長の重責を担われた方々や多くの会員が出席下さり、中村副部長への感謝と小橋新副部に歓迎の意を表されたことを心底喜んでいます。中でも体調が回復し参加くださった中山さんを知り嬉しかった。
また、今井さん、川崎さんのご配慮に感謝しています。
 
中村順治様、長らくお世話になり有難うございました。これからもご指導方宜しくお願いいたします。益々のご健勝をお祈りしています。

小橋康昭副部長殿、部員が欠員になるようなKGACの重責を引き受けて下さり有難く感謝しています。宜しくお願いいたします。
Date: 2015/05/01/21:48:48   [207]

Re:新旧副部長 歓送迎会
中村順治  E-Mail 
皆様へ
 前山岳部副部長の中村です。先般は盛大な歓送会を開いていただき有難うございました。在任中は山岳会の皆様に大変お世話になり改めて感謝申し上げます。今後とも現役へのご支援・ご指導をよろしくお願いいたします。
Date: 2015/05/03/19:28:34   [208]



ナパール滞在の高田英明さんから体は無事の返信有り
南井英弘  
カトマンズから北西80kmで大きな地震があったとの情報有り。
高田さんに地震お見舞いのメールを入れたところ下記返信有り。皆様にお知らせいたします。
南井さま

ありがとうございます。
とりあえず体は無事です。

これから帰宅して屋内チェックします。


高田 記◉
Date: 2015/04/26/07:07:00   [205]



「岳人」5月号、KGAC活躍
南井英弘  
新しいスタイルに生まれ変わった「岳人」の5月号を楽しみください。

ページをめくると「岳人プロファイル」として中島健郎さんの素敵な顔が大写しで載っている。しかも6ページを割いてKGAC時代から昨今のヒマラヤ登山までが紹介されています。
その次のページから藤木高嶺さんの連載物で4月号に続き1961年関学山岳会ペルー・アンデス探検隊やペルー再訪の話が4ページにわたり掲載されています。
Date: 2015/04/24/14:21:33   [204]



中島くん出演:カカボラジ
日上耕司  E-Mail 
会員各位

4月11日(土)21:00〜21:50に放送された
NHKスペシャル「幻の山 カカボラジ〜アジア最後の秘境を行く〜」
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586446/index.html
に、中島健郎くん(H21卒)が出演しておりました。
私は見逃してしまって、「しまった〜」と思っていたのですが、
本日、中島君より再放送の案内が届きました。

4月18日(土)深夜0:10〜1:00

です。
見逃した方は、是非この機会にご覧下さい、とのことです。
私は早速録画予約しました。
Date: 2015/04/13/23:58:09   [202]

Re:中島くん出演:カカボラジ
南井英弘  
私も新幹線で帰宅中、見逃していました。
 お知らせ有難うございました。

TVを見た方から素晴らしかったと好評の知らせを受けています。見るのが楽しみです。

確認:4月18日(土)深夜0:10〜1:00 とのこと。

つまり17日(金)の夜中過ぎのことでしょうね。

Date: 2015/04/14/11:43:38   [203]



3月の山行その2
松田政男  
3月27日 神成山(かんなりやま) 九連峰ハイキングコース
高崎から下仁田に通ずる上信電鉄の神農原駅(かのはらえき)から南蛇井駅(なんじゃいえき)の北側に神成山を中心に九つのピークが連なる丘陵で、富岡アルプスとも呼ばれている。
バスで神農原駅まで入る。約15分の宮崎公園で体操をして出発。7分程の富岡西中学校のところがコースの入り口である。雑木林の中、見晴台、神成城本丸跡を過ぎて約25分第2ピークの神成山「竜王山」(321m)に着く。一息入れて第4ピーク(宇芸神社跡)第6ピーク(打越の御嶽さん)を過ぎて第9ピークの吾妻山(328m)まで約40分。約10分で菅原神社に下り昼食。下で眺めて感じたよりも、丸太の階段の急な登りが数か所あり、楽しいコースである。
絶滅危惧種のオキナグサを線路わきに育てている南蛇井駅に寄り、丁度見頃の花を観賞して帰路に着く。出来れば富岡製糸場を見学したかったが、混雑で駄目で残念だった。

Date: 2015/03/30/09:45:05   [200]

Re:3月の山行その2
南井英弘  
今回は読み仮名を書いていただく地名など多かったですね。地図を見ながら読んでいました。また、絶滅危惧種のオキナグサもネットで調べる等面白かった。花の色から見て毒草の感じがします。
可憐なカタクリの花を見ながらの山行は春を感じさせ嬉しいものですね。
当地では土手に生えるツクシやカラシ菜も採り頃、美味しくいただいています。
Date: 2015/03/31/16:44:44   [201]



3月の山行その1
松田政男  
 3月9日 景信山(727m)
JR高尾駅から路線バスで小仏終点で下車、約15分で登山口に着く。
今日の天気予報は昼過ぎから雨、行程は景信山から城山を経て高尾山までだが、雨の場合は景信から下山するつもりで出発する。約20分で尾根上に出て、約20分で小下沢(こげさわ)からの道に合流、ここから山頂直下の急登になる。予報より早く霧雨が降りだす。ジグザグの登りから丸太の階段の直登になり約20分で山頂に着く。
昼食をすました頃から本降りになり、小仏峠から下らずに来た道を下ることにする。約1時間で小仏バス停に下った。
 3月22日 滝山丘陵(171m)からカタクリ群生地へ
JR八王子駅から路線バスで「道の駅八王子滝山」まで入る。
丘陵は秋川と多摩川の合流するあたりの南側に位置し、史跡の滝山城址があり都立滝山公園になっている。
20分程で滝山ハイキングコースの入り口に着く。丸太の階段を登ると直ぐに丘陵上に達する。コナラ、クヌギ、シラカシ等々の雑木林の中を落ち葉を踏みしめて約1時間、城址の中心、中の丸跡の広場に着く。眼下の多摩川を眺めて昼食。
食後、20分で多摩川べり下り、秋川合流点を過ぎて25分圓通寺でシダレザクラを観賞し、約30分で切欠(きっかけ)のカタクリ群生地に着く。あきる野市の管理で二か所あり一面かれんな花に覆われ丁度見頃で堪能した。観賞後、東秋川橋を渡り約40分JR五日市線東秋留駅から帰路に着いた。
 
Date: 2015/03/30/09:41:51   [199]



厳冬期・黒部横断(中島健郎さん)
南井英弘  
2014年厳冬期の12月19〜29日にかけて黒部横断した報告書を日本山岳会の会報(15年3月号)に中島健郎さんが2ページにわたり書いている。
大町・扇沢から新雪のラッセルでスタート。その後のルートは岩小屋沢岳―北西尾根―十字峡―黒部別山北尾根―別山北峰―別山西面−八ツ峰−池の谷乗越―本峰―早月尾根―馬場島−伊折。
軽量化を図ったと言え40kgの荷を背負って仲間4人で新雪、急斜面と極寒との戦い。読んでいてもハラハラドキドキの横断レポートだった。
「雑誌・山と渓谷4月号」に6ページを割いてカラー写真入りの報告が載ったのでご参考までご報告いたします。
Date: 2015/03/28/18:41:31   [197]

Re:厳冬期・黒部横断(中島健郎さん)
kariya  
「黒部横断」は岳人の憧れですね。出発前に計画を聞いてましたが、成功してホント良かった。ますますガンバッテほしいと思います。
Date: 2015/03/29/18:38:48   [198]



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
No. PASS
No. USER PASS
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
**HOME**
030893
[TOP]
shiromuku(bu2)BBS version 2.90