*--画像投稿BBS--*

ここにコメントを入れます。
Photo by NOION


Post a New Message
 Name
 E-Mail
 U R L
 Title
 Message
<A>,<FONT>,<B>タグのみ使用出来ます。
 文字色
 File
大きさ4000KB以下( jpg, gif, jpeg, mid, png, txt, pdf )
 Pass
投稿キー投稿キーを右に記入してください
 


9月の山行その2
松田 政男  
 9月24日 岳の台(899m)
8月1日の暑気払いトレックと同じルートでただヤビツ峠から菩提峠の間は林道を歩かずに左側の殆ど忘れられた山、岳の台に登る。
蓑毛バス停からスタート。柏木林道を登り30分で春岳沢を渡り、約1時間10分でヤビツ峠に着く。すぐ左側に登り口が有り旧ヤビツ峠を過ぎて、あずまやのあるピークを一つ越えて約45分岳の台山頂に着く。展望台があるが今日は何時降ってもおかしくない天候で眺望はない。途中、咲き過ぎだがマルバダケブキ(丸葉岳蕗)の群落が何ケ所かあり黄色い花が見られた。鹿が食さないので。
昼食後、満開のススキの穂をかき分けてパラグライダーの飛び出し台の横を通って菩提峠まで約40分で下る。あとは林道を葛葉の泉、青少年野外センターを経て菩提原バス停まで約1時間20分一気に下った。
その昔は丹沢表尾根縦走は旧ヤビツ峠から岳の台を超えて二ノ塔、三ノ塔、塔ノ岳と登っていたが、今は岳の台は省いて林道を利用している。
 9月30日 六国峠ハイキングコース、大丸(おおまる)山(157m)
横浜市南部(磯子区、栄区、金沢区)から鎌倉市に及ぶ三浦丘陵(100〜150m)北部は広大な森林地帯を形成している。行政に護られて自然が豊富で、五つの市民の森、金沢自然公園、横浜自然観察の森等が有り縦横に遊歩道が整備されている。
京浜急行金沢文庫駅から出発。10分ほどで山道に入り15分程の登りで能見堂跡に着く。能見堂は地蔵菩薩を本尊とした擲(てき)筆山(ひつざん)地蔵院のこと。ここからはほぼ平坦な遊歩道で足許にはミズヒキの赤が目につく。約1時間で金沢自然公園に着く。動物園がある。多少下ってひょうたん池のある湿地帯を通る。ツリフネソウが群生していて美しい。25分で大丸山の登り口に着き10分の急登で山頂に着く。横浜市の最高峰である。遊歩道に下り20分で横浜自然観察の森に着く。
昼食後、35分で天園峠(六国峠)、紅葉谷を下って鎌倉宮まで35分。八幡宮を経てJR鎌倉駅へ。

 
Date: 2014/10/02/10:37:18   [120]

Re:9月の山行その2
南井英弘  
富士山一合目から5合目近くまで足元も悪く登りっぱなしの気の遠くなるようなコースを最後まで元気に踏破されたとの報告に驚き敬意を表します。途中倒木が多く相当荒れていて誰にも会わなかったのは当然と思います。廃道が近いのでは。誠にご苦労様でした。

また、横浜市の自然保護が活発に実施され緑の森を守っていることが羨ましいです。9月末戸塚の友人宅を訪問しましたが裏手には大きな舞岡森林公園があり市民の方が沢山散策していた。それに引き換え我が「流山市」は「つくばエクスプレス」の開通のため緑豊かだった流山市内の何万本の樹木を切り倒し、高架にした電車通りを除いて住宅地として売れ出している。建つのは緑の樹木に代わりコンクートのマンションばかり。
Date: 2014/10/02/11:37:19   [121]



9月の山行
松田 政男  
9月3日 天園峠、大平山(159m)
暫く歩いていなかったので足慣らしに天園ハイキングコースを歩く。今日は獅子舞(通称紅葉谷)から天園に直登する。JR鎌倉駅から八幡宮、鎌倉宮を経て谷の入り口まで35分。約20分で谷を一気に登り切ると、すぐに天園の峠の茶屋で10分弱で大平山に着く。一息入れて急坂を下り緩やかな尾根道を約30分、建長寺から登ってきた道と合流する勝上巘(しょうじょうけん)に着く。展望台があるが曇天で眺望なし。約15分で桐慕(とんぼ)茶屋に下り約15分で明月院経由JR北鎌倉駅に着く。ずっとセミ(殆どツクツクボウシ)の声を聴きながらの久しぶりの山歩きで多少の足慣らしが出来た。
 9月8日 富士山精進口登山道経由奥庭(約2300m)
精進口登山道は精進湖畔の赤池が起点で途中青木ヶ原樹海の中を8キロほど通り抜け鳴沢林道の天神峠が一合目(1355m)になる。(コースレート3時間20分)。
我々は一合目までマイクロバスで入る。すぐに笹原になりブナ中心の広葉樹の原生林が続き富士林道と交差する二合目まで約50分。二合目を過ぎるとやがて足許のクマザサがなくなりモミ、ツガ等の針葉樹が現れてくると約30分で富士スバルラインの下をくぐり三合目バス停に着く。もう広葉樹はなくなり針葉樹林帯になる。20分ほどで三合目の広場に着く。河口湖岸からの船津口登山道が合流する。
昼食後、精進口登山道と別れて右方向奥庭に向けて針葉樹林帯の中を登って1時間30分奥庭自然公園に着く。途中倒木が多く相当荒れていて誰にも会わなかった。奥庭荘という茶店が有りその前には「天狗の庭」と云われる庭が有り、赤い鳥居に大きな鈴が下がりその下には大きな下駄が有り、その奥には天狗岩等の富士溶岩が祀られている。コケモモが群生しており石畳の遊歩道が有り300m先には展望台も有る。奥庭荘の横にはバードウオッチングの人が多く大きなカメラが並んでちょっと物々しい。雨は降らなかったがガスがかかり時々ガスの晴れ間から富士の山頂が眺められた。
すぐ上がスバルラインの奥庭駐車場で、バスでライン終点の河口湖口五合目(精進口登山道合流)に行き小御岳神社にお参りして帰路に着いた。尚、精進口登山道は吉田口登山道六合目に合流する。
Date: 2014/10/02/10:33:33   [119]



日本山岳会女子部ヒマラヤ遠征の途に
南井英弘  
JAC学生部による「JAC女子学生ヒマラヤ遠征隊の壮行会
8月27日、東京有明の国際展示場駅近くにある武蔵野大学キャンパスで壮行会が開催され参加しました。
下記5名は9月5日に離日し、ネパールとチベットの国境ムスタンの3つの未踏峰に挑む。
目標の山:Mansail(6242m), Mansail South(6251m), Mustang Himal(6195m)
参加学生と:4名在学校、武蔵野大学、創価大学、筑波大学、弘前大学
登山期間:9月10日〜10月9日
アドバイザー:谷口ケイさん・・・世界のトップクライマー、ピエロドール賞受賞者。

KGACからもこのような隊に参加できる方が出てきて欲しいと思った。
Date: 2014/09/05/10:54:27   [110]

Re:日本山岳会女子部ヒマラヤ遠征の途に
狩谷  
まずは部員獲得ですね!たまたま同志社大学山岳部のHPを見たのですが、けっこう部員がいました。関学の山岳部もなんとか部員が増えないものでしょうかね!
Date: 2014/09/11/22:17:07   [112]

Re:日本山岳会女子部ヒマラヤ遠征の途に
南井英弘  
お陰様で29日、未踏峰マンセイル峰(Mansail6242m)の初登頂に成功したと朗報が入りました。天候が崩れ後の2峰は見合わせている様子です。
KGACからもこのような遠征隊に参加できる強力体制になってほしいですね。
Date: 2014/10/01/15:34:01   [118]



映画パタゴニアを含む山漬けの一日
南井英弘  
山漬けの9月2日・・・写真、映画、会合

◎ 昼前から上野・東京都美術館で「創立75周年記念日本山岳写真協会展」を鑑賞。皇太子殿下の「雪煙を上げる富士山」をはじめ大きなカラー写真が250余点あり。日本の山を含め世界の山々が楽しめた。
◎ 昼過ぎから新宿ピカデリー上映中の「クライマー パタゴニアの彼方」を観た。
大きな煙突のような上部は雪と氷で覆われた岩峰をフリー・クライムで登頂する物語、
「人間には縦に歩く潜在機能もあるのだ」と錯覚した。幕が下りたらJAC仲間が4人来ていた。
大学山岳部での岩登り、クライミングから全く想像できない登山だ。
皆様に「必見」とお奨めします。
◎ 夕方から日本山岳会図書委員会定例会議に出席、
月刊会報「山」の図書紹介欄に紹介する図書の選定と筆者の検討、下期開催の諸行事について検討を実施した。KGAC茂見OBも参加。
Date: 2014/09/05/11:34:27   [111]



藤木祭のお知らせ
森川 列  E-Mail 
第25回藤木祭が9月28日、午後1時から芦屋ロックガーデン高座の滝前広場で回祭されます。
Date: 2014/09/01/10:18:33   [107]

Re:藤木祭のお知らせ
南井英弘  
千葉の僻地からの参加は叶いませんが盛会をお祈りしています。
 南井英弘
Date: 2014/09/01/20:42:34   [109]



無題
森川 列  E-Mail 
藤木祭プログラム
ヽ会の言葉 森川 列⊆膾甜坩Щ◆|羸掌Π貶叱妨山岳連盟会長M萇舒殺 中山健芦屋市長 い話し「瀬戸内海国立公園について」関貴史 環境省自然保護官 テL擽綮庵参力詠 藤木摩耶子 Ε魁璽薀后.▲轡筌罅璽好魁璽薀后´Ч臂А〜完「雪山賛歌」閉会のことば 重廣恒夫 日本山岳会関西支部長
Date: 2014/09/01/10:26:53   [108]



8月の山行
松田政男  
8月1日 ヤビツ峠(761m)
蓑毛バス停から出発。春岳沢沿いの柏木林道を登り約30分で沢を渡ると山道になる。斜面をジグザグと40分ほどで登り切ると、緩やかな道になり約20分ヤビツ峠に着く。今日は晴天続きで乾燥していたせいで「山ヒル」は見かけなかった。舗装された林道を下り約20分で富士見茶屋(2年前に焼失)、10分程で「護摩屋敷の水」(護摩を焚いて修行に訪れた山伏が身を清めたと伝えられるところからこの名前がついた)を往復、二ノ塔への登り口を右に見て約10分登ると菩提峠に着く。
ここからは下り一方で約1時間「葛葉の泉」を過ぎると直ぐ秦野市青少年野外センターに着く。今日はクラブの暑気払いトレックで役員お手製の焼きそばとビールをいただき、歓談の後、25分で菩提原バス停に下った。
 8月15日 箱根芦ノ湖西岸
JR小田原駅よりバスで湖尻バスターミナルまで入る。藤沢から小田原までは晴天だったが箱根の山は雲の中で、あんのじょう箱根新道の後半から濃霧の中になり、一日中霧の中のトレッキングになった。本来は樹林の切れ目から芦ノ湖越しに中央火口丘の神山、駒ヶ岳、二子山の眺めが良いが今日は全然駄目だった。
バスターミナルからロープウエーの桃源台駅、キャンプ村を通って20分で湖尻水門、さらに20分で深良水門、ここから樹林の中の山道になり、多少のアップダウンを繰り返して1時間20分真田浜に着く。湖畔に砂浜がありここで昼食、眺望なく湖面のみ。食後、1時間で白浜、ここからは平坦な道になり40分で箱根関所跡バスターミナルに着き、バスで小田原駅へ。

Date: 2014/08/30/09:39:04   [105]

Re:8月の山行
南井英弘  
人間とは凄い動物ですね。あの執拗に人や動物に食らいついてくる「山蛭」も猛暑で日陰に隠れている時に登山をするとは。
この夏の異常天気で濃霧の中のトレッキング、歩けば蒸し暑くご苦労様でした。
Date: 2014/08/31/19:57:06   [106]



南井氏の記事
  
日本山岳会発行の『山岳 2014年』が配達されてきた。
南井英弘氏の記事「憧憬のヒマラヤ登山―定年退職後に挑んだ私のふみあと−」が写真入りで詳述されている。
学生時代からぶれることなく一貫して将来の目標を見据え、科学的・生理的トレーニングと普段の健康管理とケアなど周到に準備をおこない過去17年間、ほとんど毎年ヒマラヤ登山を実践したそれぞれの登攀内容が詳しく報告されている。
第一段階は大学山岳部出身の仲間たちと7千段を登り、第二段階は公募隊に加わり8千メートルのジャイアンツを、昨今は自分で計画し単独で6千辰謀伉困靴討い襦
氏は直接洋書から、また登山医学はじめ、こと山に関する研究を永年継続された上でのヒマラヤ登山の実践は後続する人たちへの心構えとして必要な示唆を与えている。
南井さんのたゆまぬご努力と決断と実行を誇りとするとともに敬意を表します。
Date: 2014/08/13/06:23:49   [101]

Re:南井氏の記事
南井英弘  
鮎川さま、KGACのホームページでご紹介有難うございます。

これまでの経緯を書き綴ったものですが登山ごとに新しい経験を重ねてきました。ここ17年間のヒマラヤ登山と共にこれらの体験談の方も是非ご参考にして下されば幸いです。 

今年の1月に編集長から定年退職後も続けている登山を2万字弱で書いて欲しいと話を頂きました。具体的に書き終えたら3万字ほどになっていました。原稿の1/3以上を削る必要がありましたが削除するに忍びない事柄も沢山あり、提出した原稿字数2万数千字は指定字数をはるかにオーバーしました。お陰様で本筋と体験談はしっかりと残したつもりです。
皆様のお役に立てば幸いです。
Date: 2014/08/13/21:07:33   [102]

Re:南井氏の記事
uai   HOME
情報ありがとうございます。
Date: 2014/08/20/01:15:26   [103]



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
No. PASS
No. USER PASS
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
**HOME**
030893
[TOP]
shiromuku(bu2)BBS version 2.90